ビットコインの始め方|仮想通貨のやさしい投資方法について解説

ビットコイン投資を始めるときに、まずは本から知識を身につけようと考える人も多いのではないでしょうか。

しかし常にチャートが流動している仮想通貨投資において参考書の情報が追いついていないことがあります。

1,000円〜2,000円のお金を本に投資するのなら、最新情報が多く閲覧できるインターネットからの情報収集をおすすめします。

今回は、初心者でも安心のビットコインの始め方と投資方法について解説していきたいと思います。

ビットコイン投資はもう手遅れ?バブル崩壊は目前なのか?

ビットコイン投資を今から始めるのは、既に手遅れなのではと思う人もいるのではないでしょうか。

しかしビットコインバブルはまだまだ続くことが予想され、一時的なネガディブ情報を鵜呑みにしすぎるのはあまり良くありません。

東京オリンピックに向けてビットコインなどのフィンテックへ、国がさらに注力していくことが考察されます。将来的なビットコインの見通しはまだまだ明るいのが現状です。

ビットコインを始めるときの注意点

ビットコイン投資を始めるうえで、いくつか注意点を抑えておくことが大切です。

まずは大手銘柄のビットコインから投資を始める

いきなりアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)や草コインなどの投資から始めようとする方も中にはいますが、結局どれが良いのか迷ってしまい手がつけられないケースが多いように感じます。

投資初心者は、まず大手銘柄のビットコインから投資を始めるのがベターです。

いざっという時のために口座開設だけでもしておく

後述で説明がありますが、ビットコインの投資方法はとても簡単で、たった5分で登録が完了します。ただ、登録完了後すぐに投資ができるわけではなく、数日後に届く口座開設を知らせる通知ハガキを待たなくてはなりません。

管理人はこの作業を面倒くさがったために、みすみす30倍に膨れ上がった銘柄を買い損ねた経験があります。なぜ登録を面倒くさがってしまったのかと、私のように一生消えない後悔をしないためにも口座開設の手続きは一時間でも早く済ませておくべきです。

とりあえず少額から試してみる

現在においてビットコインの価格が高騰しており、1BTCあたり180万円近い高値が付いています。

しかし1BTCを購入するのに180万円も支払う必要はなく、10,000円から50,000円などの少額投資から楽しめます。

いくら投資の勉強を熱心にしても、まずは投資に触れなければ感覚を身に付けられません。まずは授業料だと思って50,000円程度の投資をはじめてみることが最重要です。

そもそもビットコインとは一体なに?

そもそもビットコインのことをまだ良く知らないという人も多いのではないでしょうか。

ビットコインは、実態を持たないバーチャルなお金(仮想通貨・暗号通貨)です。

電子データになりますので現金のように手に持って触れることはできませんが、ウォレットと呼ばれる専用の電子財布に入れて持ち歩くことができます。

ビットコインは国境を越えて利用することができるため、世界共通の通貨と捉えることもできます。
本来は通貨としての役割を持っていますが、価値が高騰したことで投資目的でビットコインを利用する人も多くいます。

専用アプリで簡単に登録が可能

インターネットで欲しいモノを購入するようにビットコインを購入するのも大変簡単です。

取引所と呼ばれる専用サイトにアクセスして、写真入りの身分証明書と、証明書と一緒に写った本人写真を提出するだけで登録が完了します。

登録後に自宅あてに住所確認のための書類が送付され、受け取り次第いよいよビットコイン取引を始めることができます。

ビットコインは取引所から買ってみよう

ビットコインの購入方法は、仮想通貨取引所(専用サイト)のほか、販売所(運営会社)、ビットコインATMなど数多くあります。

取引所や販売所から購入するのが一般的ですが、販売所は手数料が上乗せされて割高になりますから、投資初心者はまず取引所からビットコインを買われるのが良いと思います。

一括りに取引所といっても、銀行のようにその数は多くありますので、その中から手数料が安かったり、取り扱っている仮想通貨の銘柄が多いところを選択するのが適切です。

ビットコインを売ってみよう

購入したビットコインは、専用サイトの「コインを売る」という画面で、売りたいビットコインの額を入力し、あとは「売却する」というボタンをタップするだけで売却が完了します。

売ったビットコインはそのままプールしておくこともできますし、すぐに現金化することも可能です。

SNSでもご購読できます。